ケビンくんの頭に
カボチャは
落ちてきませんでした
Img_c7110c9cec77d14f755488b7826bd8b8


テレビで食と放射能特集。

雪国まいたけの検査
ベクレル表示しているスーパーなど。

カタログハウスのお店→  (Click!) 
福島さんの野菜も測定して販売しています (Click!) 


わたしの家の近所では測定器が店内にあるお店にまだ巡り会った事がないなぁ。
せめて数値だけでも見えると買い物しやすくなるとおもう
小さな子供のいるお母さんたちは毎日買い物だけでもたいへん
子供のいるトモダチもとても大変だといっていたし
見えない恐怖を測定器で見えるようにしてくれるというのはたいへんありがたい


いったい自分はどれくらい内部被曝しているのだろう
知りたい事や勉強しなくてはならないと思う事がたくさん...




いままでは冷静に物事をすすめる人が
大声でどなるような事態が3月11日以降に数々おこっている。

私には東北の血が半分流れている。
大切な人々が東北にいる。
暮らしは東京が拠点。
東京にも大切な人々がいる。

ことあるごとに板挟みのような感覚に襲われ息がくるしい。

でも、直後に感じた温度差が今は無い。
なんというか...近くなって一丸となっているならよいけれど
そうではなくて日本が真っ二つに別れた感じがする


瓦礫ひとつでこんな気持ちになるなんて
なんてヒドい事がおきたんだろうって
今もまだ毎日そう思う


蔵前サルビア「キャンドルナイトポエトリー」夕宵いの会に参加。
隅田川の流れを背に、大西巧さんの和ろうそくの明かりの中、詩人の白井明大さんの詩
當麻妙さんのろうそく写真、陶芸家 須藤拓也さんの器で和菓子職人の稲葉基大さんの和菓子をいただくという素敵な会

ユリヲちゃんの静かな挨拶で始まり
電気を消し和ろうそくの灯る隅田川沿いのアトリエで静かなリーディング
たとえようのない時間と空気がそこに生まれていゆきました

3/11から変わってしまった日本のこと
これからの日本のこと....
東北や子供達やちいさな動物達の未来....
いろんな事が目の前にクルクルかけめぐり涙がボロポロと....
Img_de569a71718f4ab0a7574ae1c418eb5ee93b0578
Img_5587f6282d4edbe6a8e18e4e3b8d02bfab856f2c




須藤拓也さんの器と
稲葉基大さん(wagashi asobi)の和菓子



こうして丁寧でゆっくりとした時間をすごせる今に感謝
作り手のぬくもりを感じながら
やさしく美味しく頂きました


   
和紙に詩。
白井さん自筆。


静かな静かなとても静かな白井さんの声
ゆれる灯りを見つめ耳を澄ます

そこにいる人々の息づかい

取り返しのつかないおそろしいできごとと
今はまだ想像する事の出来ない未来のこと
頭の中と目の前に浮かんだ事柄と今日の空気

8ヶ月めのこの気持ちを心ノートに記す

きてよかった
みんなにあえてよかった

Img_4ea0291d66a45a7bb709f1b2afc42586b36b5fe2
「祈りははだかで」
Img_cbb6054109f668ebbdfbca0c1d2d8429b593c5cb


大西巧さんの近江の手造り和ろうそくは米ぬか蝋100%でできています。
人と環境にやさしい灯りです。


ipadを使ってろうそくの説明をして下さったり
時には笑いを取り混ぜて話す大西さんは
「ザ・職人」だけれどとても愉快で楽しい方です


「2011年度グッドデザイン賞」受賞。

おめでとうございます !